FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-19(Fri)

上手な傷の治し方

二木皮フ科美容皮フ科高円寺診療所

皮膚の傷は小さくて浅ければ放置していても自然に治りますが、創傷治癒の理屈を知っておくと細菌感染などのトラブルも減り、よりきれいにでき、治癒(上皮化)までの時間も短縮できます。皮膚科では、切り傷、かすり傷で受診する患者さんの他に、皮膚の手術後の処置をどうしたらよいのか説明する機会が多いので、患者さんが考えている方法と相違点の多いことに気づきます。傷の治し方を知っておくと、日常生活の助けになると思います。

乾かさないほうが早く治る
昔から、傷がジクジクしていると治りが悪いイメージがあるためか、傷を治すために乾かすように心がけている人が多いようです。実はその逆で、専門用語では“湿潤環境”といい、空気に触れないように密閉しておいたほうが早く治ります。ここで大事なのは、上に述べたジクジクした状態が何であるのか、です。創傷治癒の妨げになる細菌感染を表しているのであれば、そのジクジクは何とかしなければなりません。これについては、後に述べるとして、なぜ乾かさないほうが良いのか説明します。

傷を治すには、コラーゲンを作る線維芽細胞、血管や、表皮細胞などのための増殖因子が必要です。すなわち、いろいろな化学物質が、損傷を受けた部分に必要になります。それらは空気中を移動するのではなく、液体の中を移動して各細胞へ作用するので、その部分が乾燥していては移動できません。そのために創部を密閉して様々な増殖因子が移動して届く環境を作る必要があるのです。

傷は石鹸と水道水でよく洗う
傷を消毒液で消毒することは、多くの人が納得してくれますが、水道水で、しかも石鹸で洗うことには抵抗のある人が多いようです。傷に細菌感染が起こると小さい傷でも全く治らないことがあります。細菌感染を起こしてはならないことは誰でも納得していただけると思います。その細菌感染から傷を守るために最も大事なことは、細菌自体を取り除くことと、細菌が住めるような組織を取り除くことです。例えば、シンクにたまった生ゴミをきれいにするのに、消毒液をかけたほうがいいか、取り除いてしまったほうが良いかというと、どう考えても後者のほうが良いですね。川をイメージしても、流れの常にあるところはきれいですが、曲がりくねって流れがなくなっているところはよどんで非常に汚いのがわかると思います。細菌自体は目に見えませんが、汚いものは流して取り除いてしまえばよいのです。また、消毒液は細菌を殺すだけでなく、健康な細胞も殺してしまうため、余程の理由が無い限り用いないほうが良いのです。

かさぶたは治癒遅延の原因
かさぶたができて、傷が治っていく。これが自然界での正常な創傷治癒の経過ですが、以上に述べた視点から考えると、かさぶたは湿潤環境ではなく、さらに細菌の住処になるため、創傷治癒を遅らせます。すなわち、工夫すれば自然な治癒よりも早く治すことができるのです。かさぶたは傷から出てきた血液が空気に触れて固まったものです。つまり、かさぶたができる前に湿潤環境をしっかり作っておけば良いのです。そのほうが傷は早く、さらに、きれいに治すことができます。

湿潤環境の作り方
今まで述べてきた湿潤環境とは、どのようにつくるのでしょうか。最近はキズパワーパッドなど、上記の理論で作られたバンドエイドが市販されています。理想は治るまで貼りっぱなしでいることです。それは、増殖因子に満ちた環境を洗い流すのはもったいないから、と、貼りかえる時に細菌感染がおこる可能性を防ぐこととです。キズパワーパッドが浸出液でふやけてきたら、傷をよく石鹸で洗って付着しているものを除去し、交換します。ここで大事なのは、石鹸を良く泡立てる事と、傷をなでるように洗う事で、水気を拭き取るのは普通のタオルで良いことです。家に帰ったら手尾洗うのと同じです。

細菌感染を見逃さないように
細菌感染は赤く腫れて痛くなり、膿や浸出液が増加したら疑います。石鹸で毎日洗っても改善なければ抗生剤の飲み薬が必要ですので、皮膚科を受診してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

futakihifuka

Author:futakihifuka
受付時間
9:30 - 12:30
14:00 - 18:30
休診日
木・日・祝

要予約
03-5327-5123

杉並区高円寺北3-35-26

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。